農場日誌

ひろういの農に生き音楽を作る日々 Since 7th June 2007

プロフィール

宇井農場プロフィール

DSCN0384
DSCN0083
DSCN5597




宇井農場について


☆1980年新得町新内にて農業をはじめる
☆1987年より化学肥料・化学農薬を一切使わず作物を育て現在に至る
☆芳賀・宇井農場を経て現在は家族経営
☆全耕地に有機JAS認証取得DMによる全国産直や本州・札幌の無農薬八百屋グループ等に卸している
☆品目:トウモロコシ・じゃが芋・人参・南瓜・白菜・大根・キャベツ・ソバ
☆2005年よりWWOOFのホストとして海外からの若者を積極的に受け入れている
☆第8回コープさっぽろ農業賞奨励賞受賞
☆経営面積265a
☆乾ソバ通年販売中 農場産そば粉5割道産小麦粉5割 25把入り8000円 10把入り3500円

081−0035
北海道上川郡新得町上サホロ105
宇井農場 宇井 宏
ファックス・電話 0156−65−3742 



有機、あるいはオーガニック



まず先に農薬をやめ化学肥料を最後に使ったのは1986年でした。
それ以来今年で26年目の農薬と化学肥料を使わない農業です。

原点にあるのは思い出の中の故郷の田んぼを流れる小川です。
シロツメクサの農道を歩くだけでカエルが飛び込み
ドジョウが水底にモクモクと泥の煙を流し、
めだかの群れが方向を変え、
タナゴが虹色の体をひるがえしました。
それはそれは豊かな生命あふれる小川だったのです。
それがすごい勢いで消えていくのを目の当たりにしました。
農家の生産性を上げるために農薬をまいた結果そうなっていったわけです。

久しぶりに歩けばそこは舗装され小川はコンクリートのふたがされています。
以前は「風景」だったものが「殺風景」と変わっていました。
そのことへの失望と悲しみが今の暮らしへと向かわせたように思います。

やはり風景を取り戻したいのです。殺風景ではなくて。
豊かな自然などはほんの少し前までは特に意識しなくてもそこにあったわけです。
でも今は意識的に育てて行かなければならない時代です。

私は有機農業ということばがあまり好きではありません。
本来ずっと連綿と受け継がれて来た主流のスタイルだと思うからで
何をことさらと思ってしまうからです。
有機JAS認証が始まってから面倒なので有機農業してますと言ってしまいますが・・・

だけども人間が人間だけで存在できるわけでなく
まわりの生き物たちとつながっているという
その「つながり」を指し示す時、有機的という言葉はとてもしっくりくるような気がします。
そういう意味を含んだ有機という言葉が広がっていってほしいと願っています。

ただ健康にいいとか安全だというだけではなく、
「風景」=「常につながりを喚起させ人の感性にみずみずしい刺激を与えるもの」
を取り戻して行くために。

みんたるでのライブのお知らせ

宇井ひろしライブ!「畑じまい歌はじまり」 
スペシャルゲスト johnny


2010年12月10日(金)7時半開演
札幌市北区フェアトレード雑貨&レストラン「みんたる」
前売り券2000円 当日券2300円

みんたるでのライブは3回目です。今回はみんたるではおなじみのミュージシャンJohnnyさんとの初セッションもあります。
お楽しみに!



宇井ひろし プロフィール



1955年千葉県生まれ
中学生の時ストーンズで音楽にめざめロックバンドの青春時代をすごす
公害問題が騒がれた頃次第にメッセージを持ったシンガーソングライターの歌詞に惹かれ自分なりのオリジナル音楽を作りたくなる
1980年自転車旅行で縁のあった北海道十勝の新得町にて農業を始め1987年より農薬と化学肥料を使わない有機農家として現在に至る
農業のかたわら生活に根ざした歌を作り「ウイラプル」「たう」などのバンド活動を経て現在はソロ活動中
時に様々なアーティストとのコラボを楽しみながら更なるオリジナルな音楽を追及している
趣味は農場に隣接した「うーの森」作り
代表曲「青虫の歌」「つるばら」「あなたへ(詞,山田ひろし)
使用楽器 ギター.ハーモニカ.マンドリン.ベースギター.キーボード 他

わたしのプロフィール



わたし宇井ひろしは北海道を拠点にバンド活動を23年間してきました。
やってきたのはオリジナルの音楽・歌。
大きく3つのバンドを経てその間、
テープやCDも何枚か出しコンサート活動も道外ツアーに
行ったり台湾でもデビューしました。
昨年春よりバンドは解散となり、ソロで活動中です。
コンサートは何らかの形で月1~2回やっています。
現在52才になりますが、音楽への情熱は高まるばかり。
<
span style="font-weight: bold;">伝えたいものがたくさんある>。
特にこどもたちや若者にもっと聴いてほしい。
今は農閑期、少しずつ夢を形にしていきたいと思っています。


使用楽器 アコースティックギター・フラットマンドリン・ハーモニカ・ウクレレ・エレクトリックギター・ベースギター・キーボードストリングス・ドラムス・パーカッション

代表曲 青虫の歌・つるばら・ちっちゃなおしり・冬のダイヤモンド etc 約50曲のオリジナルソング

映画音楽 「森と水のゆめ」藤本幸久監督 「こどもの空」小林茂監督

出版物  カセットアルバム「越冬バンド」「Bird Man」Kazu&Earth-B1989年「LOVE-LETTER TO PRAHA」1989年「ウイラプル・ライブ」ウイラプル
CDアルバム「a piece of peace」ウイラプル1995年 「夏の花」たう1997年 「TAKAYA&TAU楽団」2002年台湾tcm  「YUKITOKE」たう2005年




芳賀・宇井農場より ごあいさつ

みなさん、初めまして。

農業を見よう見まねで始めて25年。
芳賀・宇井農場として友人家族といっしょに農場経営を始めたのを
機に農薬と化学肥料を使わずに20年たちました。

今まで支えてくれたみなさんのお陰で今まで離農せずに
やって来れました。

どうぞこれからもよろしくお願いします。
無農薬野菜だけでなく、魂の健康にも役立つ情報も発信して
いきたいと思います。スピリチュアル系ではありません、念のため。

今年の作物は
じゃがいも、スイートコーン、かぼちゃ、人参、キャベツ、大根、白菜、そば です。

おいしい野菜がたくさん穫れるように、祈るような気持ちで種をまいてます。
(昨年は絶不作だったので・・・。でも味は良かった。)
それでもお客さんから「おいしかった」とお便りをもらうこともあり、
そんな時は不作で落ち込んでいても、「よしっ来年もがんばるぞ」
と力がわいてきます。

大切なのはコミュニケーッション。
もっともっと大事にしていきたいと思っています。

宇井 宏
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ