雪虫浮遊、ふわふわと小さな雪の使者が人参畑で静かな
夕日を浴びていました。
そんな静かな風景の中でひたすら時間を惜しむようにキャベツや人参の
収穫をしています。もう雪も近いのかと半ば感傷、半ば焦りの感覚です。