DSCN6564
早朝からの人参種まきを無事終えて帰って来ると
森の方から子ども達の歓声が響いて来た。

今日はこの地区の子供会がうちの「うーの森」に遊びにくる日。
この地域は世の流れとは違いベビーラッシュ。
ママさんたちも酪農家に嫁いだ若い人達が多い。

子ども達は大中小の3タイプのハンモック製ぶらんこで遊んだり、
大きな木に登ったり、
ままごとを始めたりする。

子どもは遊びを創造する天才だ。
落ちている枝や葉っぱからも、小さな野の花からも
宝物を作り出せるのだ。
ゲーム機も楽しいだろうけれど、やはり原点としてこういう自然の中で
子どもが遊びを発見していくことが何かとても大切なことだと思う。
それもこの森を作るコンセプトとして実はある。
だから整備しすぎないことにも気を使う。

生き生きとした顔。
親もいっしょに遊んでいる。
木の上から写真をとりながら何て幸せな光景かと思う。
子ども達、遊びに来てくれてありがとう。
森の「うー」まだ会ったことのない精霊もきっと喜んでいたことでしょう。