こちらは新得町の国道沿いそばの館前の喫茶店Be wild店内のステンドグラスの製作中のおうちだそうです。
素敵ですね。

今日でようやくキャベツ植え終わりました。
そしてまた人参の草取りに戻ります。

今ステイ中はフランスのブルターニュ地方からやってきたミカエル。
ワイン3本、大きなきれいなビスケット缶、オイルサーディンなど重たいのに
はるばるお土産を携えて来てくれました。
日本語を勉強して2年、仕事はテレビや電話の修理でブルターニュ一帯をまわっているのだそう。

自ら電気オタクというくらい電気関係が好きで、
中でも可笑しかったのは、通電中の電気牧柵のワイヤーを握ったまま
バチバチいっているのに平気で笑ってしばらくそのままでいたこと。
フランスは230ボルトだそうでさすがに触ってしまうとショックだそうですが・・・。
また、カメラで風景を撮ってるのかと思ったら高圧電線が7段にもなっているのが珍しいと鉄塔を撮っていたり(笑)
フランスは電線は地下埋設しているのだそうで、
私が日本は電線がごちゃごちゃ下がっていて美しくないだろうというと、
いや、それがまた美しいなんて言うから、結局それぞれその国にないものに憧れるものであるなと思った次第です。

電気は数学で数学の脳なのでまったく違う部分を使う日本語を勉強することは脳のバランスに良いと思ったのだそう。
私たちはフランス語の初歩を教えてもらい、ミカエルには日本語の基本を教えながら生活しています。
フランスの発音の難しいこと、口の中の両側に卵を入れてしゃべるといいというので試してみたり(笑)
文法もフランス人自身が難しいというのだから日本人にとっては大変な言語であるのは間違いない。

うちまで来るのに60時間、そして前回来たロンドンのエドワードと同じくウーフは我が家だけ。
そんなに苦労してこんなところまで来てくれるのだから、
楽しく充実した体験であるよう私たちも願っています。



炭酸水大好き断酒126日目
いつでもカモン断原発0日目