写真の覗き穴からのぞいてみると中には光の模様がもれるひょうたんランプや光のオブジェが見える。

津別町の「シゲチャンランド」を意識してか、このほど二人のしげちゃんを中心に「しげちゃんず自由展」が町公民館のロビーで始まりました。
変なもの展をやろうと自家製酵母のパン屋「ごりらのしっぽ」店主がウチの連れ合いに持ちかけたのが始まり。
二人とも十分「変」なのだがそれに呼応して何人かの「変」も集まってなかなか楽しい展覧会です。

さっそく今朝の北海道新聞のとかち帯広紙面にこの記事が載せられていました。
記者さんのわくわくした感じが伝わってきます。