札幌から娘の親友が2日間の予定で農作業を手伝いに来てくれました。
今日は白菜のホー除草とキャベツのホー除草、ホーは初めてなのに上手でびっくり。

日高山脈がくっきりしていて不思議な距離感、小さな箱庭のようです
左からかぼちゃ、大根予定地、白菜、じゃがいも、
それらの向こうの緑は来年のための緑肥用えん麦。


から松が茶色になっていく

今このあたりのから松がどんどん枯れたような色になっているので何かと思っていた
道路にはモスグリーンの粉が落ちていてニオイヒバのようないい香りが漂っている

そして昨日雨でもないのにパラパラと音がしているので何かと思って笹の上を見ると
緑の小さなツブであった
から松の葉を見えない虫がちぎっているのだとその時は思った

そして今日
よく枝を見ると小さな白っぽい幼虫が葉っぱにたかっている
そして突然お尻から小さな緑色のフンがプリンと生まれて落ちた!

これで正体がわかった
あの雨のような音、ニオイヒバのようないい香りはこの虫の糞であったのだ!
しかも夜に林に立っても同じような雨のような音

スゴい事が自然界では起っているものだと驚嘆してしばらく聴き入っていました
(後にカラマツハラアカハバチと判明)


農作業メモ:白菜3の畑ホー除草終了、3の畑大根予定整地、1の畑大根整地・トウキビまわり整地