先月のある日我が家の森の広場で上サホロの子供会が開かれました。
続々と上サホロの若いママさん達と子ども達が集まってきました。
昼食時にはパパ達もやってきた。

「上佐幌だより」にその模様が掲載されました。
クリック2回すると大きくなります。

自然がいっぱいの上サホロですが、さらにこの森の中はより深い自然を感じる事が出来ます。
ブランコや木登りが楽しいのですが、
それに加えて何か大きなものの懐に深く包まれたような感覚になれるところがここの魅力です。

子ども達は遊びの天才。
自分で遊びを発見していけるのです。
落ちているドングリ、棒っ切れ、セミの抜け殻、切り株などいろんなものが
たちまち魔法の遊びものに変化します。
ママさん達も少しだけ子どもに還りながらも終始リラックスして子育て談義に花を咲かせていました。

それはそれは、とてもすてきな光景でした。
森の中にひっそりと、でも開かれた場所にしたいと夢見た管理人としては
こんなふうに使ってもらえて本望です。

またいつでも遊びにおいでね!