幸福な朝食 ベーコン用に豚を飼っているカミサホロの若い夫婦がエサ用にと畑に残っているトウキビをもらいに来た。次に運びに来た時に焼きあがった天然酵母のパンをお礼にと持ってきてくれた。その美味しそうな美しさは食べるのがもったいないくらい完璧。でも食べた。柔らかくて小麦の甘さが感じられ絶品!
ありがとう、あやちゃん。カミサホロの若者はほんとにイケてるのだ。



そんなカミサホロから虹も見えた朝 そして札幌の無農薬八百屋ベジーショップ浅田さんがご夫婦で来訪。うちの人参などを扱ってくれているのだが農家のことをよく理解してくれていて我々の野菜の価値を気さくな語り口でお客さんに伝えようとしてくれている。頭が下がる。



ナギナタコウジュ収穫 午後には旭川市博物館に勤める友人がアイヌに伝わるハーブティにしてウエルカムドリンクにするために来訪。今年で2年目、それまで
我々にはただの雑草だったものがいきなりたくましく見えてくる。とても好評なのだそうだ。有機認証を受けている畑のものでもあるし(笑)
毎年彼女が来るのを楽しみにしている。

最後に、そんな中ひとり小屋の中でイモよりをしてくれたウーファーのリエちゃんもありがとう。
明日には畑も乾くので広々した中でみんなでイモ掘りをしましょう。