12日の長男、Mちゃんが参加しての人参間引き風景

今は細かい雨が降っていて蒸し暑い連続の日々に区切りを与えてくれている。
34度にもなりそれでも大根の播種、人参間引きも遅れがでていたので休むわけには
いかず、こども2人が帰っても遊びに行くこともなかったのだが、
夜は流星ショーを楽しんだり庭でバーベキューしたりと手近なところで楽しんだ。
長男は友達を連れてきて庭でテントを張ってキャンプ気分。
娘もまた白菜の間引きを手伝ってくれたり、食事を作ってくれたりしながらも
ゆっくりとしばしの休日を楽しんでいった。

きのうは終戦記念日。
帯広のとあるキリスト教会で
「平和の夕べ-敗戦を憶えて」というイベントが行われた。
娘といったのだが、扇風機が何台も風を送る熱気の中30人近くが参加した。
その教会に付属する幼稚園の園長さんの満州で終戦を迎えた体験の講演のあと、
僕も何度も歌で参加している十勝平和を考える市民の会の方の
的確な時局をみすえたコメントもあり、勉強になった。

さいごに私の出番となり、話を交えながら4曲を歌った。
お盆は死者に思いを馳せる時期だが、同時にこれから未来を生きる
こども達にどんな世界を残していけるかを考えるのも大事だ。
憲法は理想論で結構、実現しようとする目安だと思えばいい。
平和の問題は差し迫っているが、同時に人権・環境なども含め
およそ人間の生活に関わることを宗教や立場の違いを越えて
ともに考えていきたいという今回の主催者であるクリスチャンの方々に
深く共感します。
集団ではなく、ひとりひとりが自覚したうえで、ゆるやかにつながって
いけたらいいと思う。

以上のようなことを話したように思う。
微力ではあっても音楽でこのような場に参加できることが、
とても光栄です。
主催された方とお別れする時に笑顔で
これからも楽しいことをやっていきましょうと
声をかけあうことができて、とても心強い思いになりました。

帰宅するとやはり連日の猛暑がこたえたのか
腹の調子も悪く疲れ切ってすぐに寝てしまった。
長く続いた暑さで早くから体調をくずしている友もいる。
この涼しさで元気を取り戻してくれたらいいな。

今日は子供達も帰っていき、雨なので
ゆっくり休もうと思っています。

メモ 8/15大根播種5.4アール9本25cm