おおうばゆりの花 人間の場合、八方美人は嫌われる対象となるが、
このラッパを四方八方に吹き鳴らしているかのような花は別だ。
短命な花ゆえか、甘い香りは静かに流れ森や野に安らぎを与え、しばし時を止める。




 うらの人参畑へと抜ける近道。
「哲学の小径」と呼んでいるがわずか20mほどなので
実際は何も考えてはいない。おおうばゆりが咲き出した。


はるみんは一日、人参の草抜き。
僕は白菜を播く準備、トラクターで10アール(うね13本)675kgの発酵鶏糞を入れロータリーハロー。
そのあと人参ホー除草。
ほんのたまにだけ青空がのぞく。ジャガイモの葉に病気がつくのを
少しでも遅らせるためにもカーッと暑くなってほしい。