3月21、22日

保育所ライブを終えて西国分寺駅で元ウーファーのあいちゃんと会う。
学生時代カンボジアのスモーキーマウンテンの子どもたちを海に連れて行く
ボランティアをしていた子だ。今ではお母さん。相変わらずの笑顔を見せてくれた。
ほんのひと時会えただけだが2年ぶりくらいの再会がうれしかった。

そして今度は以前十勝に住んでいてわけあって東京でシングルマザーで
ハーブの仕事をしている友人とおすすめのクルミドカフェという駅そばの
カフェでおしゃべり。

IMG_0700


そして藤野の毎年遊びに行く友人宅に2泊させてもらう。
2日目ヨッシーとガラス職人の龍くんと僕と藤野の友人4人で
電車で2時間かけてベトナム料理を食べに行くことになった。

藤野の友人が朝突然言いだしてそうなったのだが
食と酒に対してものすごい情報量を持つ食通なのだ。
電車を乗り継ぎ着いた高座渋谷は一見何の特徴もない
街だったが団地に近づくとなにやら外国っぽくなってくる。
その団地はベトナム戦争の頃から難民を受け入れて来たらしく
いろんな言語が飛び込んで来る。
「タンハー」という目的のお店に入る。
正面から見ればベトナム食材店みたいだが
中は食堂になっていてほとんどベトナム語しか
話せない店員もいる。
何やらわからないまま友人が注文した料理をつつくと
うまいのである!
いろいろ腹がふくれるまで食べて2000円。
友人は入る前に胃薬まで流し込んで臨戦モードだったのも
うなずける(笑)
恐るべし、食通の世界。
往復4時間の大人の遠足であった。
IMG_0701