林の中や畑のすみにはまだ雪が残るけれども
今年の雪解けはとても早い。
枯れ草のシートを突き破り福寿草やスノウドロップの花が色を咲かせてる。
うんだ道路の道普請から始まり新しい菜園ハウスの建設や小屋の修理など
この季節ならではの仕事に体をなじませながら向かう日々です。
東京での2日間のライブや友人と会ったことはゆっくり書きます。
ありがたくて感謝の日々でした。「飛べ!翼竜」という新曲もできました。

きのうは泊原発の廃炉をめざす会十勝連絡会の今年最初の署名活動に
参加してきました。畑の本格化する前の今なら参加できるということで。
帯広駅南口で約1時間、私はただ先日の代々木で配られた「原発のない未来へ」
のポスターを路上に置きアコーディオンを弾いていただけですが
みんなの力で80筆以上の署名が集まりました。女子中学生と思われる3人が躊躇せず署名に
来てくれたり共感している人は思ったよりたくさんいるということを感じました。

原発というとよく避難訓練という話題になりますが、
そもそもなぜ避難訓練が必要なもので電気を作らなければならないのか、
その疑問が自分の中でずっと消えることがありません。

でかける前新得は雪がぱらつきとても寒い風が吹いていましたが天気は変わり
帰りがけに見えた日高山脈や大雪山は穏やかに日を浴びていました。
くっきりと夕方の青空に浮かぶ稜線や色を変える雪、さらにこちら側に広がる
十勝の平野までおだやかに春に包まれた瞬間でした。