きのうは久々の雨があり農家としてはうれしい。
占冠村とSlow food Shimukappuの山菜市に行って来た。
毎年恒例のイベントで去年初めて参加、おぼえたてのアコーディオンを
弾いていて今回は1年経ちボタンのほうも持って行った。
外のお祭りのような場所でただ弾いているのが楽しい。
時おり小さな子供が興味を持ってじっと見ている。
しまいに小刻みに体を揺らしだしたらしめたものだ。
大人達は食べたりおしゃべりしたり幸せそう。

帰るとまた風が吹きシカに穴を空けられたマルチには風が入り
飛ばされかけていた。
一帯を広域にシカ除けフェンスが出来て以前より被害が減るかと思いきや
囲われた部分に面している畑ではサンクチュアリのようにもなっている。
電気柵をグレードアップしなくては。

いたんだり芽が出なかった場所に予備苗を補植。
シカや風の事故さえなければ発芽率はかなり100%に近い。

毎日のような大きな地震、火山の爆発そんな変動する地殻の上に生きていることを
忘れないようにしたい。政府は忘れているのだろうが・・・。
それでも人間は経済という大きな風にあおられてまたも同じ間違いを繰り返して
しまうのか。

小さな経済、小さなつむじ風で住んでる場所から変わって行きたい。
そんなヒントを与えてくれたSlow food Shimukappuの取り組み。