農場日誌

ひろういの農に生き音楽を作る日々 Since 7th June 2007

March 2013

キャベツ畑のトワイライト(音声付き)



明日から沖縄にライブにでかけます。
旧友との再会そしてどんな新しい出会いがあるかワクワクドキドキしています。

さて今日は「キャベツ畑のトワイライト」という歌を紹介させていただきます。
27年前の自主制作カセットテープにあった以外データがないので急遽この笑顔で録音しアップしました(笑)

当時農業を始めてもうまくいかないことが多く途方に暮れていた中で出来た曲ですが、
同時にささやかな暮らしでもみんなが笑顔で暮らせる平和な国こそ本当の肥沃な大地なんだという
想いは一番込めたかったところです。
今また新たな想いでこの歌を歌っていきたいと思っています。



キャベツ畑のトワイライト 詞・曲 宇井ひろし (1985年)

1、山の向こうに陽は沈み
  キャベツ畑のトワイライト
  行ってみたいな肥沃な大地
  みんな笑ってる そんな国

2、いつの間にかに オイラは
  大切なものをなくしてた
  そばにあり過ぎて 気づかない
  どこか遠くをさがしてる

3、夜が降り立ち 星出て
  エゾセンニュウの唄い声
  今宵見る夢 なんの夢
  子どもの寝顔を眺めてた

4、月は今一度 輝きて
  オイラの心に差し込んだ
  みんなの吐息が融けあって
  星の夜空に 昇ってく
  
  窓の向こうに 明ける空
  キャベツ畑のトワイライト トワイライト
  

すてきなレストランふたたび!



昨年9月2日たくさんの人の協力で当農場の中の小さな森で「畑でレストラン」が開かれました。
昨年始まったばかりのこのイベントは北海道各地のコープさっぽろ農業賞受賞農場や漁協にキッチンカーがシェフとともに出向き
地元の食材を使いコース料理を楽しんでもらうというもので各地で大変好評を博し今年もまた継続して行うということです。
「うーの森」ではまだ暫定的ですが8月25日を予定しています。
(諸般の事情により今年のうーの森でのコープさっぽろ主催の畑でレストランは開催されないこととなりました。謹んで訂正させていただきます。4/19記)

畑でレストランのHPの中に動画があり2番目に当農場のその時の様子が出ていました!
合間のミニコンサート、十勝出身のシンガーソングライター流さんとYaeさんも映っています♩

http://hatake-de-restaurant.com/

3.11に胸に刻む



写真は2月15日金曜日官邸前抗議に参加した時のもので数人が1枚の横長の絵を広げているところです。
「偽りを、やめろ」の文字が見えます。官邸前にぴったりの抗議のことばです。




今日は吹雪と吹きだまりから脱出し町へ出る事が出来た。
3.11から2年がたち原発事故のことを考える新得の集いに行って来た。(さよなら原発!新得会主催)

20人もの人が集まりそれぞれが考えている事やこれからどうすればいいのかを
話し合った。みんなよく勉強してきていて知らなかったこともずいぶん教えてもらった。

何をめざすべきか?
全原発の廃炉。
それが、いやそれしか選択肢はないと出席した人の大半が理解しているのがわかり、
とても力強く思った。
こんな小さな町だけどこれから去年よりさらに脱原発の動きは活発になるような予感がする。

みんなの話しを聞いていて思った。
やはり原発の問題はエネルギーとか経済なんかの問題ではなく
人の、いのちの尊厳の問題なのだと。

3.11に改めて胸に刻んだこと。

昨年の記録として



半農半歌手、鴨川自然王国のYaeさんと。
2012年9月1日 いのちを紡ぐ音楽会 主催:スローフード・フレンズ北海道・オーガニック家庭菜園プロジェクトin十勝 共催:北海道ガーデンショー・コープさっぽろ




鎌倉のピアニスト川本真理さんと。
2012年9月15日宇井ひろし&川本真理コンサート「僕らの魂は音楽でできている」第17回Shintoku空想の森映画祭にて
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント