農場日誌

ひろういの農に生き音楽を作る日々 Since 7th June 2007

October 2012

断酒に思う



まあ、お酒は良く飲んだと思う。
自分の場合味についてうんちくを語りながら飲むというより
酔いによっても風化しない自分を確認してみたかったり、
人生をいささか単純化して笑えるようにするためとかという目的で
飲んでいたように思う。

でもある日ふと気がつくと酒量が増えベッドに寝酒まで持ち込むようになり
いくら飲んでも気分が高揚しないどころか沈んでいる自分がいた。
このままでは泥沼だと予感しとても惨めな気分の中で断酒を始めた。

それは大きなターニングポイントだった。
そしていかにいろんな理由があったにせよ、
アルコールを飲んでいたのは自分ではなくて
いつの間にか主役が反転して
アルコールが自分を介してさらなるアルコールを飲んでいるんだと
気がついたのだった。

断酒して思う事。
お酒を飲んでいなければなかった事故や事件が実に多い。
お酒のせいで家族が大迷惑をしている家庭がある。
そして何よりこんなに快適で暮らしていける。
少しずつ減らすということは不可能。

あれ?こう書いて来てお酒を原発に置き換えて見たら
そのまま通じるものがありますね。
今の政府や経済界などはまわりにたしなめられても
聞く耳を持たない以前の私のようです。
典型的なアルコール依存症を見ているような気分です。

何かをやめたら新しい世界がまた始まります。
そしてそれは案外始めてみたら簡単なことかもしれません。
一歩さえ踏み出せれば。


ワンダホーな断酒213日目
ワンダホーな断原発0日目

うっとりするような



秋、まわりは雲も山も近くの林も見事な秋の色です。
そんななか人参つめやジャガイモ掘りで必死な一日でした。
スケッチでもゆっくりしてみたくなる素晴らしい秋の輝きの中で・・・。

今日は地元で「さよなら原発!新得会」主催の講演会があり
イモをアンプや楽器に積み替えて駆けつけ頼まれていた歌を2曲。
いっしょにイモを掘ったサミュエルがベースで手伝ってくれました。

黒々と湿った土の上で

明日が雨の予報なのでひたすら人参とじゃがいも収穫をした1日。
たとえ忙しさにまみれていても今を大事に生きていたい。

11月11日東京に行きたし。
こんなに当たり前で苦しく素晴らしい農業と原発は共存できない。
安全な原発などあるわけがない。

産直発送お待たせしています

毎度のことながら野菜の産直発送が遅れています。
今年は不作の人参とキャベツの収穫発送に時間ばかりかかっています。
札幌の出荷先が品薄で困っているのでできるだけ出したいのですがなかなか量がまとまらず・・。
なるべく早く送れるようしますのでもう少しお待ちくださいませ。

土と平和の祭典2012



Yaeさんと。 いのちを紡ぐ音楽会 2012/9/01 十勝千年の森にて

昨年9月以来農場どうしで物々交換などしておつきあいさせてもらっている鴨川自然王国のYaeさん。
我が家の「うーの森」でも歌ってもらいました。
農に生き歌を作る生き方にとても親近感を感じています。

そんなYaeさんが毎年主催してきた「土と平和の祭典」が今年も開かれます。
特に若い女性の参加が増えて来ているということで、それにつられて男子も来るとか(笑)
Yaeさんの生き方からはこれからの新しい時代へのヒントをたくさんもらえそうです。

「土と平和の祭典2012」11月18日(日)日比谷公園 入場無料
http://www.tanemaki.jp/saiten2012/

さようなら原発バスツアー



先日札幌で「さようなら原発1万人集会」があり
十勝から一般市民でバスをチャーター、サミュエルと3人で参加してきました。

http://mytown.asahi.com/hokkaido/news.php?k_id=01000001210150010

思い思いの楽しい仕掛けを作って、僕は急遽十勝のドラム隊に。
結果1万2千人が集まり大成功。
これだけの人が原発をとめようと強く思っている。
そして沈黙して忘れるのではなく行動で示すために集まった。
それは大きな第一歩。

前日は夜11時までカボチャつめ。
この時期の1日農作業を休むことは大変なことだと
帰ってからの忙しさに改めて実感。

それでも行って良かった!
怒りはパワー。

きのうようやく2回目の人参に着手。
1回目は惨憺たる有様だったけどこれはとても良くてほっとした。
キャベツはヨトウ害と生育が進みすぎて割れたり出荷にも大変な時間がかかる。
あと1ヶ月が勝負。

心軽やか断酒202日目
心待ちな断原発0日目

ハードな日々

今日の英語
I can't sleep because constantly aware of the sound of your snoring.
あなたのイビキの音がずっと気になって眠れない。

我が家には幸いそんなイビキをかく人はいないのだけど、
ハードな農作業が続くためか五十肩が悪くなっていて
夜中2時間ごとに寝返りが痛くて目が覚めてしまう。
イビキのように他者が原因ではないからいいほうか。
オリオンが窓を一晩のうちに西へ西へと移っていくのがよくわかる。
コマ撮りのように。

カボチャ大口出荷。
でもあまり減った気がしない。今年はカボチャが豊作。
ちゃんと売り切れるかな?

午後人参抜き、腐れ多く抜いても抜いても量がまとまらない。
暗くなるのも早くなって焦ります。

ソバ落とし終了!



今日の英語
Not a single cloud in the sky!
雲ひとつない空だ!

今日そば落とし終了。
サミュエルが振り上げているのは唐竿(カラサオ)という道具で竹で出来ていて途中で
回転するようになっている。
これでバタンバタンと叩き付けソバの実を落とす。
勢いがつくので打つ力も倍増する。
乾いていたので効率よく1日で準備から片付けまで終了。

カボチャ全部小屋の中へ

今日の英語

It might be frosty tomorrow.
明日霜が降りるかもしれない。

小屋の中はかぼちゃの海。でも午後からの冷気は明日朝の降霜を予測させるに十分だった。
風はやみ、最後のトラックの頃は星が満天に広がった。一安心。

秋の陽光さす部屋で



お隣のアルパチーノ似のおじいちゃんがたまにレイチャールズ似のウチのGの所へ遊びに来てくれる。
いつもは五目並べだが今日はオセロに挑戦。
仲の良いお年寄りを見ているとほのぼのします。

ことばを交換しながら

今日の英語
Stop taking us for fools.
馬鹿にすんなよ

テレビのニュースに映る枝野を見て、「ただちに健康には影響ありません」を思い出し口をついて出たことば。

サミュエルは本当に忍耐強く英語を教えてくれる。
こちらも日本語をできるだけ正確に教えようとするが日本語は主語を省いてしまいがちだし、
いろんな言い方ができるのでその中からひとつ選ぶのも大変なことがわかる。
英語はけっこう法則に基づいている感じがあるが日本語はかなりそれからはずれても通用しているからだ。

午前人参つめB品の整理・じゃがいもB品整理
午後人参抜き・芋掘り1列

努力は報われる?

今日の英語
Our efforts are not always rewarded.
私たちの努力は必ずしも報われるとは限らない。

キャベツ初出荷。
表面はきれいでも、
ひっくり返すとヨトウムシが底に穴をあけている。
奴らにとれば雨風が防げ部屋そのものが食料となれば天国のようなものだ。
「憎らしいほどプリプリ」
結局切ったうち3割は出荷できず、ここまでひどい虫害も久しぶりだ。
思えばミカエルと水を毎日撒いたりもしたし、
若葉ちゃんにもカミサンにも腰が痛くなりながら青虫をとってもらったのに、
嗚呼無情、神も仏もあるものか・・・。

と、そこでため息つきながらサミュエルに訳してもらったのが上の言葉。
午後から人参抜き、人参も同じく悲惨なのでそこでも
Our efforts are not always rewarded.
なかなか現実をとらえたいい言葉だと思う。
でも時には努力が報われる時だってあるんだ。

夜、タマネギをとりに足寄の松田農場へ。

あれはタヌキ寝入りだった・・

夕べの続報。
確かにピクリとも動かない焦げ茶のタヌキの腹に何度もコジロウが噛み付くところを見た。
夜が明ければタヌキを埋葬させられるのかと気が重かったのだが、
なぜかその後も一晩中コジロウが争う物音が聞こえていた。

朝コジロウを鎖でつないだあと戦場を見ると、
あのタヌキがつぶらな瞳でこちらを見ているではないか!
棒でそばのリンゴ箱を倒すと、もそもそとゆっくり立ち上がり
少しすまなそうな目をしながらゆっくり草むらを渡り森の中へと消えて行った。

あれはタヌキ寝入りだったのだ。キツネにつままれたような話。

さて、人参抜き2日目。
今までで一番収量がないかもしれない。愕然!
熱中症になりながらも(カミサン)完璧に草を取リ終え、
今年は沢山穫れると期待していたのに。
・・・これはタヌキの皮算用とよびます。
おしまい

コジロウ野獣になる

今日の英語
After Kojiro was given bones he became beast.
コジロウは骨をもらってから野獣になった。

落ち葉のあちこちに隠していた骨を取り去ってからは元に戻っていたのに
犬のコジロウは今夜迷い込んだタヌキと闘い中です。

人参初収穫、それぞれは大きいのですが秋になっても高温と雨が続いたせいか
腐れで消えてしまったものがあり収量上がらず。ドンマイ!

有機認証実地検査

台風一過、奇態なぶっとい雲が尾を引いている。
有機認証実地検査無事終了。今年で12年目となるけれどちっとも慣れない。

ほぼ満月、なのに星も見える。台風がきっと空気をきれいにしたのだろう。
明日は晴れの予報、人参を抜いてみる予定。
かぼちゃもまだ残っているがすぐにでも欲しい所があるのでできるだけ。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ