農場日誌

ひろういの農に生き音楽を作る日々 Since 7th June 2007

November 2011

じゃがいものハートコレクション



気温の変化に一喜一憂しながら農作業を続けています。
けさはマイナス5℃にもなり小屋や庭の野菜への心配はたえません。

今はもう手伝ってくれる若者もいなくなり連れがひとり山のようなイモの選別と格闘しています。
最後の力を振り絞って、近くある斉藤和義のコンサートをご褒美にしてがんばっているようです。
ありがとう、斉藤クン!

さて、この秋のじゃがいもハートコレクションです。
市場には決して出回らない愛のカタチをお楽しみ下さい。

収穫終了の日でした



まだ凍っている白菜を朝から収穫。
町内の有機農家Sくんにも来てもらい最後の白菜を全部庭先に移動、
さらに全員でキャベツを収穫し全部庭先に移動。

今日で作物の収穫は全部終了しました。
明日は雨の予報、そのあとはいよいよ氷点下に下がる日が多くなるので
ぎりぎり今日終わらせなければならなかったのです。

小屋も庭も野菜であふれかえっていますが
管理出来る状態になったのでほっと一安心です。
Mちゃんも本当にありがとう!
手伝ってくれた一人一人のウーファーや友達のすべてに感謝します。

今日は初雪



連日の農作業追い込みです。
今滞在しているのは8日から再び手伝いに来てくれているMちゃん。
授賞式の時に夫婦で出掛けている間は休んでいてくれていいよと言ってあったのに
かぼちゃを最後まで磨いておいてくれた。
キャベツ、大根、白菜の収穫を毎日いっしょにしてくれています。

今日は初雪で一日じゃがいもの選別をカミさんとMちゃんのダブル体制で。
何とかなっているのは二人のおかげです。

先日授賞式の後400人の前で歌を歌い間もなくの散会のあと、
何を思ったのか実行委員のうちの一人がカミさんに話しかけました。
「奥さん、大変でしょう?」

そのことばがよほど嬉しかったのか帰ってからも何度もそのことばを
繰り返しています(笑)
確かに大変な苦労をさせてるので僕も労をねぎらうために同じことばをかけてみたりして、
我が家の流行語大賞はこれに決まり。
「奥さん、大変でしょう?」

断酒616日目

「青虫の歌」札幌パークホテルにて




賞状を頂いてきました


原告団の一人として





600名以上いる泊原発廃炉訴訟の原告団の一人として昨日札幌地裁に提訴に行ってきました。
間に合って良かった!

いざ札幌に出るために



みなさま、お祝いのコメントやメールへのお返事滞ったままの失礼お許し下さい。

あさって札幌パークホテルにてコープさっぽろ農業賞の授賞式が行われます。
とても忙しい時期なので連れ合いだけの日帰り出席のつもりでしたが、
「青虫の歌」を歌ってほしいと強力に誘って頂いたのでこれは出ない訳にはいかないと即決しました。
そうなると天気は味方してくれるし
どこからともなく手伝いに来てくれる人が現れ支障がないようになっていくのが不思議でした。

とはいえ、明日夜から札幌に行くためにはまだ必死に出荷準備をしないとなりません。
これから残業で人参箱詰めです。
がんばれ自分!

大根



今年の大根は肌もきれいで素直に育ちました。
虫食いもゼロ!
(去年は暑さで急成長しスが入って捨てるのが多かった)
大きくなったものから抜いて庭先に運ぶこと2週間。
抜く時のポクッという音、毎回自分の背骨の折れる音でないことに安堵しつつ、
いい音です。


ジャガイモ収穫終了



1ヶ月遅れで本日じゃがいも掘り終了、最後に近くなってトラクターの故障でポテトデガーが常時まわりっぱなしになる。
動かないよりまし、とにかくベルトも切れずに最後まで動いてくれた。
クラッチを多く使うので膝ガクガク、いもの重みで肩はボロボロだが一段落ついて少し安堵。

さあ、明日は続いて人参抜きを再開、急げ!

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント