農場日誌

ひろういの農に生き音楽を作る日々 Since 7th June 2007

November 2009

マレウレウライブ無事終了ありがとうございました!!


マレウレウ コンサート



さあ、いいいよマレウレウが新得に来る日が近づきました。
11月28日(土)6時開場 6時半開演 新得町公民館中ホールですよ~
なんと入場無料ですのでお誘い合わせのうえたくさん来て下さいね。
ホントは新内ホールでやりたかったのですが
時期的に寒いのと除雪されないと言われ苦渋の選択でした。
音響的に不利な場所ですがたくさん人が来てくれればそれだけ残響も減りいい音で聴くことができます。
だから、ねっ 是非是非きてください。

夕べは我が家で二人のアーティストが当日会場を演出するための飾りや絵を作成していました。
そちらも楽しみにしていて下さい。
その二人はローレンと先日阿寒までOKIダブアイヌバンドとマレウレウを観に行ってきました。
もちろん大絶賛でした。

さて、本来9月26日に予定されていた新内ホールのマレウレウライブは
御身内のご不幸により中止になったため
急遽同じ日にあったアイヌの方主催のイベントに向かいました。
剣山のふもとで行われたアイヌ若手アーティストの森の中のギャラリー最終日の交流会。
そのことは後ほど書きますが、当日そこに来ていたFutabaさんがその様子をブログに綴られていますので
良かったらご覧下さい。

森・身・心・深・・・


http://ushiwoh.blog33.fc2.com/

雪化粧



11月14日朝に

見事に雪につつまれてしまった畑の大根やキャベツは
そのためにシバレから保護されていたのだが
今日の雨で雪が解け、さあいつ畑から持ち出せるかが心配になってきた。
土の中の人参はまだ猶予があるにしても・・・。

昨日はソバの風撰(トウミがけ)今日には全部終わらせたいが
笑ってしまうほど少ない。

納屋には収穫量が予想を下回った人参とカボチャのダンボールがうっとうしいほど余ってしまった。
これも笑ってしまうほど読みが甘かった。わははは・・・・百姓の来年

これからはシバレとの闘い、まだまだ緊張の日々は続きます。

夕陽を浴びて人参抜き


白菜とりこみ



白菜を無事庭先に移動することができた。
最後を降ろし終わった時、大粒の雨が降ってきた。

白菜人間出現



イギリス南部ポーツマスから3週間の予定でステイ中のローレンと白菜人間
白菜の庭先への運び込みが始まった。
雪が解けるのを待ち午後から1台450玉を運ぶ。
大きいのは5kgも!まずまずの作柄。

いっきに来た冬



この時期あまり歓迎したくないけど冬が来た。
いつものことながらまだ畑にはたくさんの人参・白菜・キャベツ・大根があるのです。
今夜は小屋の中でさえキャベツが凍り出して人参は土が凍ってひっつきだして慌てて毛布をかけました。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント