農場日誌

ひろういの農に生き音楽を作る日々 Since 7th June 2007

August 2007

トウキビ電牧設置



ウーファーのIちゃんがテキパキと作ってくれたサツマイモのタルトです。
普段ケーキ類にはあまり関心がない私ですが、夕食後にもかかわらず、
2きれもいただきました。見た目の美しさにまず驚き、その次に味でも。
さすがに東京や横浜の色んな種類の飲食店で働き、修行してきただけはあるなあ。
将来はお店を持つのが夢だそう、どんなお店になるか楽しみです。


午前中医者に目を診察してもらうも、異物はないとのこと。
それでも目はまだ痛く充血したままなので不思議。
そのあと昨日掘ったイモを納屋におろす。
午後からトウキビ畑を電気牧柵で囲う作業、草がふれないようきれいにして、
暗くなる頃通電。これで動物の害には一安心。

トウキビ出るまでもう少し



昨日今年初めてのジャガイモ収穫を始めました。
4泊の予定でステイ中の25才のウーファー(日本人)のIちゃんとワセシロ4本半を機械で掘った後に
拾い集める。午前中までこの機械の修理にかかってしまったのだが、機械はすこぶる調子がいい。

しかし、目が痛い。実は一昨年も同じ事をしたのだが
摩耗したギヤをグラインダーで削り、その鉄粉がささったと思われる。
今回は大きめのサングラスで作業したので大丈夫と思っていたのだが甘かった。
連れ合いには叱られるし、まばたきすると痛みが激しく落ち込んだ。
今日は医者に行って抜いてもらうことにする。
少々痛いだけで眠れなかったりすると、考えはマイナスの様相を呈し
弱い自分が現れる。
そんな時、日常的に大変な障害を抱えながら
勇気をもち前向きにがんばっている友人のことを思う。
人は弱くもなれるし、強くもなれる。
その可能性を信じられたら・・・。

皆既月食にはびっくり、あんな色になるとは、今年は
先の流星もそうだったが晴れていて天体がいつもより身近に感じられる。

トウキビを注文いただいた方へ
きのう初めて試食しました。
甘くておいしいのですが、まだ若く少々青臭いので
もう少し熟すのを待ちます。
今暫くお待ち下さい。

夏も終わりか



大きな白い花を四方八方にラッパのように咲かせていたオオウバユリの今の姿
朝晩は涼しく日中は暑いというような日々が続いている。きのうから今日にかけて早くに枯れ上がった
ワセシロの畑に草が目立ってきたので培土機をいれる。
そろそろイモ掘りが始まる。
草刈り機が寿命を迎え新品に買い換え、トウキビの電牧のための草刈りをする。

今日は連れ合いの誕生日。同時にNちゃんの愛犬バベット(フレンチブルドッグ)も誕生日。
夜に芳賀家がごちそうもってお祝いに来てくれた。

下はきのう連れ合いが作った鳥のえさ台です。


トウモロコシ熟し中



ピーターコーンの産直
ただいまから予約受付します。

芳賀宇井農場こだわりの甘くて風味もあるトウモロコシです。
贈り物としても喜ばれています。

朝もぎでゆうパックにてお届けします。
発送期間 8月末から9月20日くらいまで

6kg 約15本入り 3000円(送料・税込み)道内2800円
1箇所に2箱以上は1箱2500円

お支払いは同送、または後日郵送します払込票にて
郵便局でお願いします。

天候によりお届けまで時間がかかる場合があります。
また、雨天時の出荷は品質保持のため控えています。
あらかじめ御了承ください。

お申し込みはファックスまたはメールで
0156-65-3742 (宇井)

山のむこうに陽は沈み



日高山脈と月の夕暮れ



かぼちゃの葉の海とパンケ山
かぼちゃのツルは24時間で伸びるときには20cmも伸びる。
シカよけのフェンスを乗り越えてシカよけの役に立たなくなっていたので
ヒモを切ってはまた上でつないで補修。

トウキビのキツネよけの電気フェンスをはる準備をする。
きのう人参の間引きは終了したものの、次から次に作業があり追われる毎日です。

間引きちょいあせっています

ひたすら人参の間引きの日々です。
帰ってきて今は芳賀家の大工を手伝っているブリスとはるみんが午前中手伝ってくれて
新内の1反終了。早朝からとりかかっていた上佐幌の1反を午後から。
間引いた人参は太いもので2Cmにもなっている、食べるとおいしい!
しばらく間引きにかかりきりなので更新遅れると思います。
あせりながらも身体がついていかない最近です。

盆踊り行けず

きのうは地域の馬頭祭があり、小さな神社とお地蔵さんの前に地域の人が集まり
お坊さんを呼び、家畜の鎮魂と農作業の安全を祈願した。
この地域の人達は自然な思いやりがあっていい地域だなといつも思う。
毎年感じるのは若い人が入ってきたりして、みんなそれぞれに年をとっていくなあと
自分も含めて、世代が変わりつつあるのをこの日に特に感じる。
最近までこどもの相撲大会があったのだが、こどもが少なく一時休止。
ござをしきしばし談笑、紅白のもちをもらい帰る。

午後からひとり人参の間引きをする。今年はちょっとしたタイミングのずれが
重なりいつもなら終わっているはずがまだ終わっていない。
いまだ体調が悪く帰ると同時に動く気がしなくなった。
夜は地域の盆踊りだったので、顔出し看板で踊ろうかとか
楽しみにしていたが残念。

けさはようやくいつもの調子に戻ったかな?
これから人参間引きに行きます。

「平和の夕べ」



12日の長男、Mちゃんが参加しての人参間引き風景

今は細かい雨が降っていて蒸し暑い連続の日々に区切りを与えてくれている。
34度にもなりそれでも大根の播種、人参間引きも遅れがでていたので休むわけには
いかず、こども2人が帰っても遊びに行くこともなかったのだが、
夜は流星ショーを楽しんだり庭でバーベキューしたりと手近なところで楽しんだ。
長男は友達を連れてきて庭でテントを張ってキャンプ気分。
娘もまた白菜の間引きを手伝ってくれたり、食事を作ってくれたりしながらも
ゆっくりとしばしの休日を楽しんでいった。

きのうは終戦記念日。
帯広のとあるキリスト教会で
「平和の夕べ-敗戦を憶えて」というイベントが行われた。
娘といったのだが、扇風機が何台も風を送る熱気の中30人近くが参加した。
その教会に付属する幼稚園の園長さんの満州で終戦を迎えた体験の講演のあと、
僕も何度も歌で参加している十勝平和を考える市民の会の方の
的確な時局をみすえたコメントもあり、勉強になった。

さいごに私の出番となり、話を交えながら4曲を歌った。
お盆は死者に思いを馳せる時期だが、同時にこれから未来を生きる
こども達にどんな世界を残していけるかを考えるのも大事だ。
憲法は理想論で結構、実現しようとする目安だと思えばいい。
平和の問題は差し迫っているが、同時に人権・環境なども含め
およそ人間の生活に関わることを宗教や立場の違いを越えて
ともに考えていきたいという今回の主催者であるクリスチャンの方々に
深く共感します。
集団ではなく、ひとりひとりが自覚したうえで、ゆるやかにつながって
いけたらいいと思う。

以上のようなことを話したように思う。
微力ではあっても音楽でこのような場に参加できることが、
とても光栄です。
主催された方とお別れする時に笑顔で
これからも楽しいことをやっていきましょうと
声をかけあうことができて、とても心強い思いになりました。

帰宅するとやはり連日の猛暑がこたえたのか
腹の調子も悪く疲れ切ってすぐに寝てしまった。
長く続いた暑さで早くから体調をくずしている友もいる。
この涼しさで元気を取り戻してくれたらいいな。

今日は子供達も帰っていき、雨なので
ゆっくり休もうと思っています。

メモ 8/15大根播種5.4アール9本25cm

夏の静かな夕焼け



大根予定地ロータリー後、はるみんと大きい人参畑間引き終了、白菜間引き、
キャベツ白菜カルチベーターその後家ウラ人参間引き。
汗で体中ビショビショになる。

ペルセウス流星群



12日から13日にかけて流星が見られるということで
今さっき見てきました!
こちらは晴れ、いなかならではの満天の星空に
尾をひいた流れ星がいくつも!!

きのうは雨あがりにどっと大きくなった新内の人参にびっくり。
あわてて間引きと草取りを始める。
今日はいっしょに昨夜サホロ湖でキャンプを
楽しんだS君K君や、午後からは帰省した長男と
夕方にはひろういギター教室のMちゃんも
加わり草取りと間引きを率先して手伝ってくれた。
たくさんの若者に助けられて
幸せです。なんとかなりそうです。ありがとう!
ほかに白菜間引き



8月15日のイベント

――敗戦を覚えて――
平和の夕べ

共に平和を思い、考え、分かち合いとギター演奏の時を持ちます。
小さな集会ですが、どうぞご参加下さい。
参加無料。

お話し:小貫耕喜さん
ギターと歌:宇井ひろし
8月15日(水)午後4時から

場所:帯広聖公会
帯広市西8条南12丁目(勤医協の隣り)
0155-23-3831(聖公会)
0155-35-3254(日本基督教団帯広教会)

小貫耕喜 氏                  宇井ひろし 
帯広聖公会幼稚園園長。          新得にて有機農場を経営。農作業の中の思索     
帯広音楽鑑賞会会長。           から生まれた歌は数知れず。ソロとして、          
植村直己帯広野外学校校長など。     また様々なアーティストとのコラボ など、
幅広い関心と平和への思いを持ち、   音楽活動続行中。子どもから大人まで楽しめる
敗戦を振り返ってお話しを伺います。    「みんなの歌」的ミュージシャン。


主催 「とかちキリスト者平和の会」準備会

dailymotion Michel Gondry

ウーファーのブリスは昨日次のホストへと向かいました。
ブリスがもっとも尊敬している映画監督はミッシェル・ゴンドリーです。
彼は僕の大好きな歌手ビョークの音楽クリップも数多く手がけた天才映像作家です。
エアーフランスのCFを観て下さい。

http://www.dailymotion.com/relevance/search/michel+gondry/video/x25d14_air-france-michel-gondry_ads/1

注意深く見るとおもしろいです。タイピングしていたのがミッシェル・ゴンドリーです。
こういう柔らかい自由な発想って素晴らしい。
下にあるブリスの作品もURLをクリックするだけで見れるようにしました。

昨日と今日ははるみんと人参間引きを兼ねて家ウラ畑。でも雨で中断、蒸し暑いのは相変わらずです。

蒸し暑さをふっとばせ



引き続き、蒸し暑いなか人参の草取りを手伝ってくれた二人にビーワイルドでコーヒーブレイクをプレゼント。たくさん笑いました。

草取りトーキング



ブリスとコジロウ。コジロウの微妙な表情。

今日は一日ブリスとジャニスと3人で人参の草取りをした。
ブリスとは英語と日本語でいろんな話しをしています。
人生に関わるすべてのことについて双方とも思いつくままに。
日本という異文化にいて感じた良いところ悪いところはありのまま正直に話してくれるので
ふだん自分が思っていることの再確認をしているような気分でした。
でもそのすべてを大らかな気持ちで見ていて日本を楽しんでいるところが
素晴らしいと思いました。
私が知らない日本のこともたくさん教えてもらっています。


レッツ メイク ア ムービー



ウーファーとしてホームステイ中のブリス・アントワーヌ(27)の夢は映画監督。
フランスと日本の2つの芸術大学を卒業後も日本でフランス語を教えて生活している。
工夫してとった一ヶ月半の休暇でこちらに来ている。
「レッツ メイク ア ムービー」というショートムービーを公開している。

http://www.dailymotion.com/videos/relevance/search/burichan/1

午後からは私とはるみんとブリスに加えて顔出し看板くらぶの主力絵描きであるジャニスも
人参草取りを手伝いに来てくれました。
夕食後はブリスの作ったガトーショコラをいっしょに楽しみ、ドラム練習そしてロックンロールセッション。

台風とガチンコ

札幌でコンサートが二つあり雨ですが行ってきます。
フランス人のウーファーを連れて帰ってきます。

8月と友達の訪れ



空想をかきたてる8月の空



白菜ホー除草のS君とはるみん。直後雷鳴と大粒の雨。

昨日朝に昨年収穫期に滞在して大いに助けられたウーファーのS君から電話。
親友宅に泊まりながら2日続けて手伝いにきてくれる。
その後も全国あっちこっちの農場を経験してこんがりと日焼けした顔で。
少々伸びすぎたカボチャのツル整理を共にしながら近況を知らせ合う。
今日はツル整理を終わらせ新内のトウキビマルチすそを土から出し
白菜ホー除草。

きのう夕方、Mちゃんと彼女がオーストラリアで知り合った韓国人の
お友達のホさんが遊びに来た。
ソウルの幼稚園で先生をしているホさんは落ち着いた女性。
「アンニョンハセヨー」とあいさつすると「韓国人ですか?」と流ちょうな日本語で
びっくり。(笑)
夕食には韓国料理を作ってくれた。からいの大好き♪
韓国の話、日本の話で大いに盛り上がる。
私は「日本の首相達、馬鹿でごめんね。」とも謝っておいた。

今度、新得空想の森映画祭で上映される「ウリハッキョ」も観ていて
監督とも話したと云っていた。
「とてもいい映画でした。ぜひ観て下さい。」とも。

夕食後私は、知っている韓国の歌やオリジナル曲を歌い
とても喜んでくれたみたいです。
ホさんはそのままうちに宿泊し、いろんな話ができて楽しかった。
ソウルにもぜひ来てくださいと誘ってくれた。
また友達ができてとてもうれしい。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント