農場日誌

ひろういの農に生き音楽を作る日々 Since 7th June 2007

ジュエリーアイス

IMG_20200114_113221


IMG_20200114_113618

小さな入り江には流氷がゆらゆら上下しながら集まっていました

北海道の今の寒さは本州のズンと深い寒さとは違ってなにか
結晶的なというか硬質な鋭さがありそれが頬や手指を刺して
くるのだけれどそれが清々して気持ちがいいのです。

その寒さが形となって現れたジュエリーアイスと
呼ばれる人気者を十勝川の河口に見てきました。
ちょっとネットで見た写真とはイメージが違いましたが(笑)

そして40年以上北海道に住みながら一度も流氷を近くで見たこと
がなかったので意外な遭遇に胸が躍りました。

00100lPORTRAIT_00100_BURST20200114113927740_COVER


蟹座生まれの私は波打ち際をただ歩くだけでも十分楽しいものでした。
横歩きはしませんが(笑)
しばらく歩けどもなかなかそれは見つからず半ば諦めていた頃河口に着くと
いきなりものすごい氷の量になりました。

まるで割れガラスの集積場みたいにいくつも
折り重なっていたり、
波によって天の川のように残されたもの、
流木の元の形がわからないほど青っぽい
氷に巻かれたもの、
自然の作るものはほんと、美しい。
行った甲斐がありました。

写真とは違いましたが太陽の入射角の低い早朝か夕方に
来ればきっとカラフルなものも見られると思うので行ける方はぜひ!!

IMG_20200114_115202


修練あるのみ

IMG_2476

今日は満月でした。東の地平に現れた時はモヒカンのような光が頭の上に

アコーディオンのフィンガリング(運指)を一から見直しています。
合理的な動かし方を念頭に置いて試行錯誤の繰り返し。
無駄な力の抜き方がわかるのも散々無駄な力で指や肩を痛めてから
だんだんわかってくるという感じです。
理想とする音に到達するのはまだまだ遠いですが千里の道も一歩から、
今日の一歩を大切に味わいたいと思っています。
ひたすら練習あるのみ、アスリートのような気持ちです。

月の明るい夜です

IMG_20200109_222506


マイナス10度のキンとしまった雪は歩くとキシキシ鳴ります。
枝の影が雪面にはっきりと落ちています。
ものみな結晶のようになって息をひそめて月を見上げています。

雪が少ないこの頃

IMG_20200107_082523


昨日は十勝地方にチリ煙霧という現象が起こったそうな。
新得、特に上サホロはこれでも雪がある方で、清水あたりから南は
土がむき出しでそのため強風で細かい土埃が舞い上がり視界をさえぎること
を言うのだそうです。

去年に引き続き雪が極端に少ない異常な冬です。
今朝の上サホロの写真です。美しさはもちろんですが
まだスノーシューがなくてもどこでも歩けてしまいます。
気がかりな気象が続きます。

人形劇を呼んだ幸せな新年会

IMG_20200106_131504


今日のお昼からはこの地域の新年会でした。
この上サホロ地区に住み始めて30数年が経ち
子供が保育所や小学校を巣立ってからも本当に
たくましく優しい人がたくさんでいつもここに
根を下ろした幸運を感じています。

年末の町内会の会議で新年会をどうするかという
話の中で酪農を営む会長が「おい、人形劇でも
子供たちに見せたらどうだべか」といった一言で
私がそういえばパセリ座が1月はまるっきり依頼が
ないと言ってたのを思い出しあれよあれよと
パセリ座に来てもらうことになったのです。
予算が限られていたにもかかわらず、出演料はオプショナルに
当日不足分を徴収すればいいとすぐに決まったのでした。

なんとノリのいい町内会なのかと本当に嬉しくなりました。
そして今日、極楽寿司チームが用意したご馳走を一通り
たいらげた後パセリ座の公演が始まりました。
腹話術のタナちゃんが登場し子供たちに版画のキップを配ってから
可愛らしい「7匹の子ヤギ」そしてマリオネットによる「銀河鉄道の夜」
と約45分間の間小さい子供たちは最前列に群がり大人たちも歓声を
あげながら笑ったり真剣に見入ったりしていました。

その一体感と客層の素晴らしさにパセリ座の二人も満足げに帰って行きました。
地域の人も皆喜んでくれたようです。
新得が誇るべき人形劇パセリ座、そして新得が誇るべき
上サホロ町内会だと心底思った幸せな新年会でした。

にんじん販売中

DSCN3191


八百屋さんや野菜のお客さんから注文が入ると
雪をどかし凍土を割り埋めてあった人参を掘り上げます。
予約されているA品を除いてもB品(形の少しゆがんだのや
亀裂が入ったもの)は2000kgくらい残っています。
外観だけの問題で品質に差はありません。

有機にんじんB10kg1200円(送料別)販売中!
ジュースにしてみたらとっても美味しいです。

1月札幌ミニライブツアー詳細

名称未設定-2 (2)


2020年1月29日(水)玄米ご飯・カフェじょじょ
https://genmai-jojo.com/events.html
2020年1月30日(木)フェアトレード雑貨&レストランみんたる
http://mintaru.com/2011/event/

新年明けましておめでとうございます

IMG_20200102_121307

雲の海から頭を出した富士山 1月2日

新年明けましておめでとうございます
本年もどうぞよろしくお願いします

年末は母の米寿のお祝いを兼ねて子供達の家族も
本州の母の家に勢揃いしました。
兄弟たちも家を離れてからは全員が一堂に会すことは
難しかったのでとても貴重な機会でした。
ひ孫も二人となり母も大喜びでした。

PANO_20191231_114839.vr

銚子電鉄の電車内

北海道組2家族で大晦日に憧れの銚子電鉄に乗ってきました。
様々な工夫で暖かく懐かしくユーモアのある素晴らしい文化を
感じました。鉄ちゃんの聖地でもあるようでカメラを持った
人がキャベツ畑の中でシャッターチャンスをうかがっていたり
乗客もそんな人が大半でした。
いつまでも残して欲しい電車です。

IMG_20191231_122657

犬吠駅で女性の駅員さんがパンチで穴を開けた懐かしい切符






新春ライブ予告

名称未設定-2 (2)


新春札幌2daysコンサートやります。
1月29日じょじょ 1月30日みんたる
詳細は後日載せます。来てください。

懐かしさと光

PC253195

帯広の六花亭がずっと出版し続けている十勝の子どもの詩集「サイロ」内容も素晴らしいのです。

胸の中にはある時ふとろうそくの炎のように
頼りなく揺れる光があることに気づく。
それは自分が弱っている時に自分の外にある
何か暖かなものに触れた時にあらわれる。
懐かしさとは優しいものへの憧れなのかもしれない。
自分が弱い存在であることを知った上での。

クリスマス祝会

PC243149

昔トムがドイツから送ってくれたクリスマスカード、見るたびに和みます。

22日は日本メノナイト帯広キリスト教会の
クリスマス礼拝に参加、祝会ではパセリ座の
人形劇と宇井のミニライブ、毎年呼んでくれて
感謝です。

この1年のあいだ教会員のあいだでも悲しい
出来事がたくさんありました。
礼拝でもそのことや世界で今もたくさんいる
虐げられている人たちのことが語られ
静かな祈りの時間が持たれました。

今夜はイブ、世界中の人がいろんなクリスマス
を過ごしているのでしょう。
うきうきした楽しい気分の人だけではないことを
忘れてはいけないといつも教会では気づかされます。

今夜くらいは静かに平和と人々の幸福を祈る
夜にしたいと思います。

新蕎麦完成!

PC243148


今年の蕎麦乾麺が出来上がりました。
値上げもせず1把350円です。
加工料や消費税も上がり年々厳しくなっていて
さらに今年は不作で去年の半分以下の収穫と来たもんだ(汗)

昨年は年をまたいでしまったけれども年越しに間に合ってホッとしました。

11月を振り返り

PC193146


全国的にもジグザグ天気と呼ばれるように暖気と寒気が
我が家の道をスケートリンクにしました。
若くはないので滑って怪我しないように恐る恐る歩きます。

ある友人の逝去

P6201372


なんであんなに優しくておしゃれで人望の厚い
友人が若くして亡くならなければならなかった
のかと悔やんだ11月5日。
突然というわけではなかったけれど早すぎました。

札幌の病院にその少し前連れ合いがスローフード
の仲間とお見舞いに行った時は自分の葬儀には
私にアコーディオンを弾いて欲しいと言ったり
友達にはその時に飾られる花を頼んでいたりして
いたということでした。

まだ農作業が忙しくお通夜にしか行けなかった
のですが、デザイナーでもあった彼の作品のコーナー
が占冠村の仲間たちの手で暖かく飾られていて
読経の始まる前の1時間そのそばに立ってアコーディオン
を弾き続けていました。
この雰囲気の中での選曲は少々悩みましたが
彼の魂と交信するような気持ちで
静かに演奏させてもらいました。

男女を問わず憧れるようなかっこいい人でした。
スローフードを楽しく北海道に広め、全国との
ネットワークを作り、さらにスローフード占冠
を独立させたり地球的思考でローカルを光り輝かせようと
してきました。
まさにThink globally ,Act locallyそのものを感じさせてくれました。

毎年5月末に行われるしむかっぷ村民山菜市も
その一つで私がとても楽しみにしているイベントです。
あまり好きすぎて許してもくれているのでいつも
アコーディオンを道端で弾いています。

PC193143
PC193144

故山本敬介さんの作った山菜市のポスター、絶妙なセンスの良さで大好きです。

真っ暗になった夜の高速の帰り道を走らせながら
死について考えました。
「死んだら人はどこへ行っちゃうんだろう」

過去を振り返れば恒久の宇宙がどこまでも広がり、
未来を見てもそこには果てしない宇宙が広がっている。
その二つの宇宙の接点がこの生きている今なのだ
としたら、死は過去と未来がひとつの宇宙になる
ことなのではないか・・・

もう二度と会えない寂しさとともに何だか
彼がどこかで今も星のように
輝いているような気がしました。

どうぞ愛するご家族を、そして
スローフードを広げる仲間たちを
そこかしこからお見守りください。

ヒコーキ!

1575243650730


最近娘の子供(なぜか孫と呼びたくないw)が突然やりだしたこと。
お腹を支点にして両足をそらせ腕を斜め後方に伸ばして、ヒコーキ!
何回も何回も・・・
前世は航空機だったのかもと話題になっています(笑)

今日はまさかのプラス気温で雨さえ降りました。
春まで無理と思われた仕事が進みました。
傷んだかぼちゃの整理やトラックの洗車などシバれない日は最高です。

ようやく落ち着いて

1576364990310

じゃれ合う息子たちの朝

まだ農作業の片付けが残る毎日でもマイペースでできるのはなんと幸せなこと。
家族からも必死に追われていた時期とオーラが違うと言われます。
娘の赤ちゃんもその頃は顔を見ただけで泣き出したのに今では抱っこされても
足をぶらぶらさせて笑ってくれるようになりました。

アコーディオンの練習は至福です

IMG_0344


支払いの嵐の毎日、税率アッププラス値上げラッシュであっぷっぷ!

7日に夏も森ジャムで訪れた道北の下川町のモレーナ25周年パーティに
お祝いの演奏に行きました。収穫が一段落して初めてのライブでした。
集まった人たちはあのそう広くない店内に60人、移住者も多くエコ先進地
であることも影響していると思います。活気にあふれサプライズの店主への
プレゼントもあり暖かな雰囲気に包まれました。

翌日名寄の友達に会ってから間もなく吹雪がひどいので帰路に着きました。
ホワイトアウトの4時間、途中ひっくり返った車を何台か見て恐ろしかった。

農作業はまだ完全には終わらないもののソバは昨日製麺所に持ち込んで
今年はなんとか年内に出来そうです。
少しずつ音楽に帰る時間が増えていて嬉しいです。
ライブの話もちらほらもらえて忘れないでいてくれてありがたい限り。
アコーディオンのベロウ操作にようやく先が見えてきました。
Cobaさんが8年はかかると言うのもとてもわかります。
まだ5年目、これからです!

野菜囲い終わり

PC053132

顎乗せリラックスするエムちゃん

しばれて困る野菜は全部土に埋めたり家の下に放り込んだりして
また一つ肩の荷が降りました。

橇を使ってはねたジャガイモを畑にばらまく時に
上弦の月が明るく雪面を照らしました。
半分でもずいぶん明るいものですね。

吹雪は告げる本物の冬到来

PC033098

ジーコはいっきに北国の犬らしくなった

最後の電柵を撤去しこれで畑での仕事は終わりました。
あとは少しずつ家の周りや小屋の中を整理していきます。
小屋の中でも囲いの甘かった部分からしばれが芋を襲ったり
するようになりました。限界に近づき明日あたりムロに移動させます。

マイナス7度の猛吹雪が時折小屋を揺すります。

ピーク、ピクピク


今日は穴に生けてあった人参や芋を引っ張り出し
夕方の最後の大きな出荷に向けて残っていた力を
振り絞りました。

昨夜は夜12時くらいまで蕎麦の唐箕がけをして、
連夜続いた夜仕事からも今日から解放されピークがついに過ぎました。
ピクピクッ 体よ、よく持ちこたえてくれました。感謝!!

人参抜き終わり、オーハッピーデイ

PB233087


ついについに抜き終わったのである。
指に膏薬塗りつけて口からはヒューマンビートボックスで
ブッツクパーツクなどと勢いつけ休まず進み最後の1本「やったーっ!」
防風林のはるか上まで伸び上がって世界に向かって叫びたい気分。

この数日はしばれが緩んで今だとばかりにいろんな収穫出荷作業を進めました。
とりあえず夕方にトラクターで掘った穴の中にコンテナや土嚢袋に入れた
人参や芋を入れ土をかけましたがその間にも再び土が凍り始めギリギリせーふ
でした。大きなひと安心。

昨日の香港区議選では民主派が8割超の圧勝、その民意に対して中国政府はどう出るのか
とても気になります。今までのように優しくない態度を貫き通すのでしょうか?
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ